管理者ページ
トップに戻る
まだ引っ越していません
引越しの件は、一進一退を繰り返しています。売れないことが問題なのではなく、両親の意向がコロコロ変わるので、先に進まないのです。

でも、引越しになるとアフィリエイトどころじゃなくなりますが、そのお陰で作業は進んで、今月の成果は3万円に届くかどうかというところです。

ブログを量産している訳じゃないから、これは大したものだと自分では思っています。たった1つのワードプレスサイトと、古い無料ブログからもチラホラ成果が上がりますが、更新しているのはワードプレスだけなんですから。

その代わり、丁寧に記事を書いてます。嘘は書きません。自分がいいと思った商品を紹介したり、実際に使った口コミを楽しんで書いています。



話は変わり、最近、楽天のアフィリエイトを見直しました。

楽天でアフィリエイトは通常、1%しか稼げないので、どこのASPにも商品がない場合にのみ、最悪という感じで楽天アフィリをしていたんですが、高料率ショップを利用すれば稼げるんですね。

99、9%も、報酬になるショップもあることを今更ながらに知りました。まずは自分の買い物で、高料率ショップを利用したら、本当に支払った代金の99、9%が戻ってきました。

このショップなんですけどね(↓)。お試しだけでなく、通常版のお茶6000円くらいの商品も適応になるそうです。



こちらのショップは、高料率30、0%のショップなんですが、誕生日プレンゼントに胡蝶蘭を送るのに購入したら、本当に支払った代金の30%がポイントとして戻ってきました。



これらによって、今月の楽天アフィリの成果が、もともとあった僅かな成果に加わりドカ〜ンと増えて、生まれてはじめて合計6000円くらいになりました。そしたら楽天アフェリも楽しくなってきました。

それから、わたしにもツキが回ってきたのか、楽天totoの【BIG購入】で、はじめて6等に当たりました。わたしはアフェリエイトで稼いだお金の一部で、毎月Bigを買っているので、持ち出しはありません。この先も買い続けて、6億円を当てるんだ〜〜
 
日記(日常) | comments(0) | trackbacks(0)
家を売って、買い換えたい
また引越しそうです。

いずれ親と同居するはずだった兄が亡くなり、わたしが高齢の親の傍にいる必要が出てきたからなんですが、ここからだと高速道路で走っても、毎月3回くらい通うのが精一杯です。

3匹の犬がいるから、同居する訳にも行かず(親が犬を拒否してる)、現在わたしが暮らしている家を売って、親の近くに家を買い替えることにしたんです。


どなたか、家を買ってくれませんか?

発信すれば、誰かの目に止まるかもしれないので、簡単に紹介させてください。

土地は広くて、裏庭も入れれば500坪以上、だからたとえば老人ホームだって建てられます。

現在は敷地内に築16年の3LDKの母屋と、クリニックとして使っていた家が建っていて、家は築10年以降になると、ほとんど価値がなくなるみたいですが、定住する予定だったから、去年、母屋は、エアコンなどを新しくしています。

エアコンは壁に取付式で、使い勝手も、性能もいいです。吹き抜けの部分にある『窓』には、ローリング式のカーテンを設置し、『門』なんか100万くらいかけて重厚なものにしました。過去に『屋根』は1度メンテナンスしてあるし、シロアリなどの問題も一切ないし、安心して住めます。

クリニックにしていた家は古く、築80年くらいですが、逆に言えば丈夫な家で、それに母屋を建てたときにリフォームしています。広い畳の部屋もあるから、ここに寝泊りもできるし、何らかのお店としてももちろん活用できます。


場所は、気になる方はメールフォームから連絡してください。

おおざっぱに言うと、山や田畑に囲まれて、昔に比べると過疎化がすすむ寂しい所なんですが、完全に過疎化している訳でもなく、すぐ近くにコンビニもあれば、有名なファミレスもあり、日常の買い物にも車を使えれば困りません。5、6分も走れば、大型スーパーや電気店や飲食店などがある街に出るからです。

価格は、2500万円以上を希望。応相談可。

よろしくお願いします。
日記(引っ越し) | comments(0) | trackbacks(0)
アフィリエイト継続中
10月、11月と、たった1度しか更新できなかったブログから、毎月それでも数千円は成果をあげています。ほんの小遣い程度ですけどね。

でも、今月は、数千円から、一気に2万円程度の成果が出て、久しぶりにワクワクして、ここのところは更新も続けています。

この変化は、ワードプレスを使うようになったからだと思っています。

実は、7月の終わり頃に、それまで無料ブログのみでアフィリエイトしてきたのを、はじめてワードプレスを導入してみたのです。『SEO対策なら、ワードプレスが良い』と言われているからですが、事実、ワードプレスのブログは、順調にアクセスが伸びて、今月は2000を超えそうです。

ここなんですが、ご覧になりますか? >> わたしを笑顔にする暮らし



アフィリエイトって、詰まるところは検索されるかどうかです。

検索アクセスが多くあって、人の目に止まりさえすれば、誰でも大なり小なり成果を出るものだとわかりました。もっとも、検索アクセスを伸ばすのが楽じゃないですけどね。

検索アクセスが増えるワードプレスを、2個3個と運営して行けば、月10万円くらい稼ぐことは夢じゃないとも思いましたが、月30万円稼ぐなんて自殺行為。ブログの量産が必須だから、ものすごい労力がかかるのです。

わたしは当初、月30万円なんて簡単に稼げるというフリコミだった『さゆり塾』に入り、10個の無料ブログ運営を目標にして頑張ったものの、挫折して5個になり、最終的には3個になりましたよ。



それでも、2万円以上の成果が出た月もありました。

でも、極めて不安定で、無料ブログの場合あまりにも多くの人が使っているせいか、アクセスが伸びたと思ったら、ある日を境にグーグルのペナティを受けた訳でもないのに、アクセスが激減するということを繰り返し、はじめの頃は原因がわからず戸惑い焦りました。

結局、それが無料ブログの宿命で、不安定なことが当たり前だとわかり、アクセスを安定させたかったから、ワードプレスを導入したのです。アフィリエイトするなら、ワードプレスがおすすめです。

わたしの場合、もう高望みしていないんですけどね。ムリしない範囲で、継続したいだけです。長く続ければ、それだけでグーグルの評価が高まり、アクセスが安定したり伸びるので、今やっているワードプレスを主に、更新が絶え絶えの無料ブログも、相当なおばあちゃんになっても続けて、年金の足しになればと思っています。
日記(PC) | comments(0) | trackbacks(0)
訃報
 あまりにも突然に、兄が死んでしまいました。きょうだいは兄しかいないので、途轍もなく大きな喪失感でいっぱいです。死因は動脈乖離でした。医者らしいですよね、背中に激痛を感じて倒れると同時に「この痛みは動脈乖離だ、救急車を呼んでくれ」と言って、そのまま意識を失ったと、一緒に暮らしていた内縁の妻さんが教えてくれました。

 その瞬間、ひとりじゃなくて良かった。兄は、最後の8年だけは、内縁の人と幸せに過ごしていたんです。

 でも、一方では、離婚調停も不成立に終わり、お財布を握っていた正妻が、収入のほとんどを無断で取ってしまい、税金も支払えない窮地に陥ってしまいました。つい最近のことです。父に借金をして凌いだものの、兄は親にお金を借りるような人間じゃないんです。甘えたことなど一切なかった人間だったから、相当な心労だったんです。だから、わたしは、兄嫁に兄は殺されたと思っています。

 兄嫁は、本当に恐ろしい女性です。お金の亡者です。兄は別居していても、ちゃんと子供の養育費や生活費を払っていました。その額が半端じゃなくて、年単位で計算してみたら1160万円にもなります。その上、子供の大学などの学費は別途払っていました。また、正妻と子供の暮らすマンションのローンや、正妻の車のローンも払っていました。

 でも、正妻はそれでも足りなくて、子供の塾代や、買い物などに使った20万とか、50万とか、100万とか、ちょこちょこ通帳から下ろしていて、さらに極めつけは、ここ3年の間の2000万円を引き出していることが判明しました。税理士さんが収支決算から見て、正妻が黙って引き出したお金の総額は億単位になるだろうとのことです。

 だから、兄自身は、いつもお金がない状態だったこともわかりました。内縁の妻が援助していたから、何とか生活してきました。そういうことを、わたしや両親には一言も言わない兄だったから、亡くなってから内縁さんに聞いて判明しました。

 正妻にしてみれば、兄が勝手に女性を作って、自分を捨てたという恨みがあったんだと思うけど、そうなる前から、兄が仕事から帰っても「お帰り」ひとつ言わず、兄も子供の教育上「お帰り」とか「いってらっしゃい」は言うように諭してもダメだったんです。

 それに、正妻は、兄より先に朝起きたことが無かったんですよ。兄が学会で遠出するときなど、正妻を起こさないように暗い部屋で靴下を履くから、チグハグな靴下を履いていたり、話は全然ちがうけど正妻は掃除は大好きでも料理ができなくて、料理学校にも行かせても、兄は自分の好きなものが食べられなくて、外食ばかりしていたんです。驚いたことに、子供にお刺身を出していた時があって、兄が帰宅後に「自分のは?」と聞くと「ない」と言ったそうで、兄にしてみればショックだったんです。

 そういう小さいことが積み重なった結果だったんですよね、別の女性に安らぎを求めたのは。まだまだ正妻への不満は一杯あるんです。うちの両親を新居に招いたことがなく、うちに遊びに来ても、飲み食いを全部両親がお金を出して、ありがとうの一言もなく、お嫁さんらしい気遣いをしたこともありません。わたしは正妻が昔から嫌だったけど、兄の嫁さんだから気を使ってきたんです。

 それから、正妻の母親が兄の家に入り浸っていたんです。人の悪口ばかり言って、正妻である娘と楽しんでいるような姿が、兄には耐え難かったし、子供の教育や、リフォームなどに口を出し、兄の言い分は通らず、兄はお金だけを出す存在となり、兄には居場所がなかったんです。そういうことが、兄が死んでから、内縁さんから聞いて把握できました。

 わたしも生前の兄には、正妻のどこが嫌なのか、それを言わなきゃ兄が悪者になって離婚なんてできないから、ずいぶん突っ込んで聞いてみたんですが、今思えばほんの触りしか教えてくれませんでした。人の悪口が言えない兄だったんです。と言うか、正妻を選んだのは自分だから、自分ばかりを攻めていたんだと思う。だから、ここまで酷かったとは、わたしもショックを受けました。

 兄が可哀想でたまりません。兄が眠る病院の霊安室で、正妻も駆けつけたから「兄が死んだのはあなたのせいだ」と言ってやりました。兄は内縁の妻にそばにいて欲しかったに決まっていますが、正妻が「帰れ」と言って寄せ付けませんでした。だから、わたしも、正妻の母親には二度と会いたくないと言っていた兄を代弁して、正妻の母親を兄に絶対に対面させませんでした。お葬式では、内縁の妻を、正妻の席に堂々と座らせました。

 当然ですよね、正妻は憤慨して途中で帰ってしまいました。わたしはその時点で正妻が怒って何かやりそうな予感はしていましたが、今とんでもないことが起こっています。父が正妻にこちらに来るよう言ったので、そのときに問題の処理をする予定ですが、縁を切りたいのです。

 とんでもないこととは別に、兄を慕って患者さんたちが順調に増えたクリニックも、正妻が勝手に別の医師を雇って続けようで、こちらとしては、兄の死と共に閉業するよう要請したんですが、正妻は収入源を得たいんでしょうね。どんどん兄の宝物だったクリニックを勝手にいじっていますよ。もう好きなようにしろという気分です。縁さえ切れればいいです。

 わたし、兄は正妻に殺されたと思っているから、裁判で戦いたかったんですが、正妻の権利は本当に強くて、負ける裁判だから請け負う弁護士っていませんでした。負けてもいいから、兄の思いを弁護して欲しかったです。わたしはある事情があって疎遠になっていたけど、兄が小さい頃から大好きだったから、無念を晴らしたかった。正妻の生き方は間違っている。

 そんな正妻と縁した兄も、過去には間違っていたのかもしれません。でも、内縁さんと出会って、彼女は兄の初恋の人だったんですが、兄自身が心から幸せになって、本当にこの1年というもの、わたしとの絆も深まってきたんです。亡くなる前日にも、わたしのところに遊びにきてくれました。だから、短い間でも兄が幸せになって本当に良かったなって思う反面、あまりにも若すぎる死が可哀想でなりません。
 
- | comments(0) | trackbacks(0)
お灸のおかげで、母が回復しました!
 あれから、まだ認定調査がありません。遅いですね。母の様態は、痛みで一時はこのまま寝たきりになるんじゃないかと、深刻な状況だったんですが、なんと!!お灸をしたら、歩けるまでに回復しちゃいました〜〜!

 夢のようです。だって、受診している大学病院の主治医でさえ「治療がない」と言っていた病なんですからね。その病とは、変形性腰椎症です(ちょっと、すべり症もあり)。

 どうして治療がないかと言うと、老化によるものだから、できることは対症療法の痛み止めくらいなんです。手術して根本的に治したくても、高齢者の場合は、術後が大変なんです。骨がもろいから回復が遅く、半年も、1年も、あるいはそれ以上、寝たきりで療養することになるからです。

 それで良くなると確証があれば、まだしも、ないから、主治医はやりたくないし、母だってやりたくないのです。結局は、骨が問題だってことで、最新治療のフォルティオを、2年間自己注射し続けたって、ちっとも骨が丈夫にならなかったですよ。

 このフォルティオ、医療保険が使えるのは2年間だけだったんです! それ以上は、効くというデーターがないので、自費でもいいから続けたくても、打ち切られるんです。だから、もう治療がないんです。

 でも、お灸が効いたので、父も母も大喜びです。父なんか「主治医に、この効果を教えてやろう!」と言っています。その主治医は、その大学病院でも偉い方の人なんです。なんか、わたしは色んな意味で「勝った!」という気分です。

 わたしは鍼灸師でもあったんですが、うちの家族は鍼灸なんて医学じゃないと、ずっとバカにしていたんですよ。だから、家族と関わる度に、わたしは傷つき、やる気も失せて、転職しちゃったんです。

 でも、どこで、何が起きるかわからないものですね。今では家族が、お灸を絶賛してる(笑)父曰く「若いうちはわからないけど、年をとると鍼灸の良さがわかるもんだなぁ」ですって。母も、以前は鍼灸に一番毒舌を吐いていたけど、今はニコニコして、やはり高齢の姉妹にススメています。なんか、わたしは感慨無量です。

 ただ、認定調査前に回復して、自立になるのが心配です。母の腰の痛みは、またいつ再発するかわからないので、急性期にお灸はできないので、そういうときに介護保険が必要になります。それに、高齢ですから、今回回復しても、根治はムリです。だから、介護をいつでも使える環境を整えておきたいです。認定調査の結果はいかに。。。
日記(親と介護のこと) | comments(0) | trackbacks(0)
うちの親も遂に介護保険の申請をしました
 いよいよ、そのときが来たという感じですが、今日、親の介護保険の申請をしてきました。親の住所は、わたしが住んでいる地域のままなので、わたしが申請してきたんです。

 親は、これまで介護保険を使うことを嫌がっていましたが、また母が倒れて、歩くことどころか、ベットから立ち上がることもできない状態になったので、父の世話だけでは間に合わず、介護保険を申請することになりました。

 わたしは、いくらでも助けてあげたいけど、父がそれを拒みます。ふつう親が頼んでも、子が助けないケースがままありますが、うちは反対です。こうなる理由は、一重に犬のことがあるからです。父はわたしが犬同伴で行くのを嫌がり、わたしは犬だけを残して数日家を空けるなんてできないんです。

 今こうして書いてて、「あ!ペットホテルがある!」って思ったけど、お金がかかるしね。。。

 今日は、そのことで父とマウスバトルになりました。だって、母からは、数日身の回りの世話にきて欲しいと電話があって、そのつもりでいたのに、父が頑固に犬が嫌だと言うし、犬は置いてこいと言うし、ホトホト父には呆れました。

 だって、わたしがこうして犬を飼っているのも、元をたどれば父が飼いたいと言って、母やわたしの反対を押し切って、買ってきちゃったのが始まりなんですよ! 父は犬をモノのように考えているから、犬が可愛そうでわたしが面倒を引き受けたんです。途中、わたしにとっても予定外に、犬が増えて3匹になっちゃったけど、犬のことは、本来なら父にも責任はあるんです。

 あぁ、もう父のことを、書くのもメンドくさ! 結局、日帰りで、犬は置いて、日曜日に、母の世話に行くことにしました。母は、家事を軽視して、何もやろうとしない父にストレスを貯めています。そんなだから、母が動くしかなくて、こうして倒れちゃったりするんです。

 父も高齢だから、頑張って母の世話をして、えらいんですが、いちいち用事を頼まなきゃ気がつかないことや、何がどこにあって、こうして欲しいと指示することが、自分の体のことで精一杯の母には、イライラしてしまいます。わたしも父には今日イライラしました!
日記(親と介護のこと) | comments(0) | trackbacks(0)
ほったらかしのアフィリエイトから報酬あり
 アフィリエイトは去年末からホったらかしです。手をつけたくても、モチベーションが上がらず、忙しかったし、それに目がかなり悪くなってしまって、PCに向かうのが辛くなりました。

 ようやく、今、ぼちぼち再開しつつあるところですが、そういう気持ちになるのは、ホったらかしのアフィリエイトページから、成果が上がっているからなんです。全盛期のような高額報酬は得られませんが、1ヶ月に1000円〜数千円の報酬があったからなんです。
日記(日常) | comments(0) | trackbacks(0)
引越し後、1ヶ月半
 超ド田舎に、犬たちと一緒に引っ越してから、1ヶ月半あまりが経過しましたが、いろんなことが起こって、気分はもっともっと長い1年以上が経過したような感じですね。

 どんなことが起こったかと言うと、代表的なこととして、母がこちらに物を取りに、父と一緒に来たとき、突如、歩行困難になって入院したり、ヘビが庭に3回も出現したりして、引っ越したことを後悔するような出来事が起こりました。

 母は1週間あまりで退院することができましたが、毎日のように父とお見舞いに行ったり、母の退院に間に合うように、母の生活環境を整えたり、わたしは別居したから、いろいろと大変でした。

 現在は、一応落ち着きましたが、母のカラダは爆弾を抱えているようなもので、老化で骨がもろくなっているので、またいつ再発するかわかりません。わたしは別居したし、どうなるのかなって思います。父は、大変になったらお手伝いさんを頼むと言っているけど。。。

 父はわたしが邪魔みたいなんです。わたしの犬が庭の芝生にオシッコするのを嫌って、別居したようなものですから。

 わたしは引越してから、庭に犬を放し飼いにできるスペースも確保できて、犬にとっても、治安的にも、快適な環境を手に入れました。少なくても、最初はそう喜んでいましたが、庭にヘビが出たんです!これまでに3回も出現しました。気持ち悪すぎます!!

 犬はヘビを捕まえようとするから、庭に出るのは毒蛇ではないようなんですが、噛まれやしないかと心配でしょうがないです。散歩中にも2回、ヘビを目撃しました。それほど、ド田舎なんです。お金があったら、母を看病する目的と、ヘビに悩まされないような場所(これまで住んでいた地域のどこか)に移りたいです。

 これは夢ですが、ドックラン付きのシャアハウスを運営したいですね。やはり、独りぼっちの暮らしは寂しいし、わたし自身の体調が悪くなったときの心細さと言ったら、ありません。これまでに2回もわたしは体調を崩しました。嘔吐と下痢症状で、死にそうになりました。なんだろ、ド田舎には、雑菌が多いのでしょうか?それともストレス?
日記(日常) | comments(0) | trackbacks(0)

このページの先頭へ