管理者ページ
トップに戻る
幸せな日々、わんわん、わん


左:もぐりん(次男)  右:大五郎(長男)  2011.7.11生まれ

長男の大五郎は、先週、里子に出しました。寂しく号泣です。

次男のもぐりんは、近いうちに里子に出ます。寂しく耐えられません。

子犬生後2カ月までは、家の中で飼育。夜はみんなで骨を食べたりして、幸せだった。

ひっくり返っているのはモモちゃん、遊びたいけどジュジュママは相手にしてくれないの。

それで、子犬とよくじゃれていたモモちゃん。激しい遊びが好きなので、心配しました。

ちょっと大きくなり、生後2カ月が過ぎた頃。とても大きな子犬です。

今、里親さんのところで元気にしている大五郎。すごく甘えん坊でした。可愛かったよ。

ジュジュママではなく、モモちゃんと一緒に水を飲む大五郎。

次男もぐりん。マイペースです。柴犬そっくり。大五郎はシェパードみたいでした。
ジュジュの旦那さんが誰なのか、不明なので、犬種がわかりません。

兄弟で、いっつも、楽しくジャレていたっけ。。。
幸せだったね。。。

 モモ、大五郎、もぐりん。みんなで遊んでいる姿を見るのが、わたしの至福の時だった。ジュジュママがいないのは、子犬がオッパイを欲しがるから、ときどき離れるのです。


 すごく、すごく、切ないです。わたしは全ての犬を飼いたかったから。両親が「捨てる」なんて冷酷なことを言うので、叶わぬ夢でした。先週、父が、早々と、大五郎をクリックのある地域に住む知り合いに、あげたのです。最後まで、奇跡が起こって、このまま一緒にいられることを願いました。離れたときに、大泣きしてしまいました。

 幸い、里親さんが、バカっ可愛いがりする方だと聞いて、大五郎はきっと幸せに暮らせると信じることにしました。もぐりんは、2日、日曜日に動物愛護のイベントがあるのですが、里親になりたい方と、里親を捜している人の交流があり、そこに参加することになっています。

 また、奇跡が起きて、このまま飼えないかと切望しています。里親に出すなんて、切なくて私には耐えられません。両親が、モモとジュジュ以外は飼うことを反対しているのです。庭が荒れる、ただそれだけの理由で。ちょっと前には、ジュジュまで捨てると言っていたんですよ、両親。わたしは小さな命を、絶対に大切にしなきゃいけないと思うの。もぐりんとの別れが近づくに連れて、どうにもならない切なさが襲っています。だから、わたしは、この物質社会が嫌いです。もう、こりごり。人間も動物も自由に生きれるような地球以外のどこかに行きたい。
日記(過去記事) | comments(1) | trackbacks(0)
重なる出費と、幸運

 娘の成人式のキモノの事を、すっかり忘れていた。あっという間に、成人式はやって来るから、今年の初めには、早々と、準備しておくつもりだったのです。それが、親子関係が最悪な状態になり、すっかり後回しになっていたのです。急いで、お直しを検索して料金を調べました。

 レンタルも考えたけど、わたしが20歳のときに着た振り袖を、デザインは古いけど、かつてはセレブだった私の振り袖は500万円でした。(嘘ですよ〜〜〜100万円) たった1度しか着てなくて、もったいないから、後生大事にタンスにしまって置いたのを、娘が着ると言うのでリユースするのです。

 昔のキモノは、今より袖丈が短いらしく、それを長く伸ばす修理を頼んだのである。キモノのことなんか、ぜんぜんわからないから、おおざっぱでいいから料金を教えてくれと尋ねると、「8000円くらいから」とのこと。案外、お安くて、電話ごしにホっとする。

 でも、草履とか、バックとか、小物は購入しなければならないし、写真代だって、バカみたいに高いでしょ。車は、その頃に、また車検なのです!どんどん蓄えが消えて行く。。。。

出費を心配している時に限って、
これでもか、これでもかと出費が重なることって、
あると思いませんか?


 引き寄せの法則なのかもしれない。実際、今日は、車のスマートキーの不具合があって、電池交換をして来たのです。ふと後ろのタイヤ付近を見たら、なんか、壊れている部分を見つけちゃったし。家の中のことでは、固定電話の子機も壊れてしまっているのです。昨日、壊れていることに気が付いて、うわっ!嫌だな、嫌だなって思っていました。まさに、出費が重なる状況に陥っている。

でも、ラッキーなこともある。

 スマートキーの電池交換は、通常1000円位です。そう、ビックリするような料金じゃないのです。それでも、出費は出費。で、本日は、たまたまキャンペーン中で、200円で済んだのです。トヨタさんだったけど、喫茶店顔負けのドリンクもサービスしてくれるから、ドリンク代を考えると、タダも同然です。
ラッキーでした。ありがとう。

 それから、少し前に、お気に入りのメガネが壊れてしまい、購入した店舗は遠いし、近くのメガネ屋に相談したのです。で、なんと無料で直してくれたのです。どんだけ、親切なの!メガネを作るときは、そのお店に決まり。

 こういうポジティブな感情を大事にすると、いいようです。期待はするべきではないけど、心配ばかりするんじゃなくて、ラッキーだった時の感情を持ち続けると、ラッキーなことを引き寄せることになる(はず)なのです。

日記(過去記事) | comments(2) | trackbacks(0)
愛は原動力

 わたし自身の生活を建て直すことで、頭が一杯だった。母も父も「そうだね」って、わたしの話を肯定的に聞く人たちではなく、自分たちの価値観で審判したり、批判するタイプだから、心細い気持ちを打ち明けることなんて、できた試しがないのです。そりゃ、一緒にいると、寂しい間柄なのです。1日も早く、独立したいと思っている。

 そんな中、娘が悩みを私に打ち明けて来たのです。最初は、面倒な話だったら嫌だなって、、、わたし自身も一杯一杯で、正直、構えたけれど、親身になって娘の悩みを聞いてあげた。わたしは娘を審判なんかしない。娘が、自分で答えを出せるように、娘の気持ちを理解するように勤めて、アドバイスをした。不思議なことに、そうしていたら、娘を思いやれる自分が嬉しくなって、私自身がとってもパワーを貰っていることに気が付いた。

愛こそ、人間の原動力だと改めて思う。

 わたしの両親には、それが欠けている。心よりも、目に見えるお金やモノを大事にしてきた世代です。そうしなきゃ、生きて来れなかったんだから、仕方がないのだろうけど、気の毒な人たちなんだって思う。原動力を、愛ではなくて、自己満足で誤魔化しているから。心が、彼ら自身、満たされることはない。わたし以上に、寂しいのだろう。

 わたしは優しい性格をしているけど、これまでは、だから両親にも優しさを無意識に求めていた。今は、生き方が違うと割り切っているつもり。その証拠に、わたしの心細さをわかってくれなくても、わたしは作った夕食に、母を誘う。母は籠もっているから。 変な臭いだとか、母が文句を言うのを聞き流して、それでも母が完食するのを見て、元気を貰う。愛こそ、原動力だと感じる。ただいま、鍼灸の職探しに奮闘中。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
美容鍼のセミナー終了・認定鍼灸師となる

 美容鍼灸のセミナーに行ってきた。皮膚科の医師が公認するセミナーです。3日間ぎっしり詰まった内容だった。セミナーにかかったお金は15万ほど。お泊まりでのセミナーだったし、諸費用込みだと20万近い。今のわたしには、清水の舞台から飛び降りる心境での投資だった。

 しかし、凝縮されたノウハウを学び、実技もへろへろになるまで学び、一通りのことができるレベルに到達できたので満足している。鍼灸のブランクを埋めることができた。それくらい私には価値あるものだった。美容鍼と言っても、本物は顔だけではない。体の中から整える本来の鍼灸のノウハウも、凝縮して学ぶことができたので、ブランクを埋めることができた!感があるのです。

 もちろん、顔への新しい鍼のアプローチを学んだ。こっちは皮膚科的なアプローチ。プラス、経絡をちゃんと踏まえたもの。これが、すごい!の一言。効果あり!!私自身の顔のたるみが改善しましたよ。受講生同士で、実技をし合った。鍼を、顔にも、惜しみなく、ずぶずぶ・・・ 多少は痛い・・・ 受講生同士だから、慣れてない。従来の鍼灸では、みなプロだけど、美容鍼では初心者ですからね。

 きっと素人さんが見たら、この実技は恐怖だと思う。でも、私は恐くはなかったなぁ。ちっとも。どんどん、私の顔で練習してねという気持ちだった。その代わり、私も練習させてもらった。みんな、そうだけど、むしろ施術は気持ちがいいので、率先して患者役になります。

 患者役になったら、私は熟睡しちゃいました。たまたま、3日目には、疲れたんだと思うけど、後頭部の頭痛に悩まされ、先生役の受講生に、「頭痛も治してね」とお願いしたら、見事に頭痛もとってくれました。顔もキレイになりました。顔色から違う。しわ、たるみも改善。老化により、私はいつも目の下が重たい感じだったけど、一気に軽くなって、張り感を感じました。本格的にコラーゲン生成が活性化するのは3〜4日後だけど、実技の直後にも、目に見えた効果がありました。

 もっとも、整形手術と違って、鍼の場合の目に見える効果は、穏やかです。継続も必要だけど、ゴールもちゃんと見えてきます。何より、施術後の軽くなった感覚や、張り感に満足できるのです。さあ!これからが楽しみ。認定鍼灸師として、認定証をもらってきましたが、一気に開業するには、まだ自信はないのです。沢山の症例を経験しないと、なかなか踏み切れない。だけど、毎日、腕を磨きたい。うずうずしてる。だから、就職先、探しはじめたところ。

日記(過去記事) | comments(2) | trackbacks(0)
悲しいだけ

 明るく生きるためにも、感情は吐き出す必要があるんですって。そこに浸ったらキケンだけど、(感情に見合う現実を、引き寄せてしまうから)でも、吐き出す必要があるの。今日は犬のことで、あまりに犬の命を粗末にするから、両親をひどく憎んだ。いつものように、週末は遊びに出かけている両親が、そのまま事故か何かで死んで欲しいと願っていたほど。

 でも、死なないのよ。ああいう人種が、強く生き残る世の中なのね。ああいう人種って言うのは、つまり、自分さえ良ければいい人種。わたしは生活費もない状態なんだけど、そうなった直接の原因は、父がわたしにしたことを、まったく同じように返したら、怒って生活費をくれなくなったの。

 父が何をしたか?って。5月6月と、わたしは自分を取り戻して、わたしの生き方を否定したりバカにする両親に対して、抵抗したり、抗議したら、父はわたしを精神障害だと決めつけたの。アスペルガー症候群とか、発達障害とか、父の子供であるわたしを、気違い扱いしたの。で、精神科の受診を強要された。わたし、下手に抵抗すれば、もっとひどい目に遭うと思って受診を承諾。

 受診した日は、父は、わたしにどんな病名が付くのか、楽しみにしていたわ。父は診療所の方だったから、病名がついたら電話をくれと、わたしの気持ちなんて無視して、本当に病名がつくのを楽しみにしていたの。

 ところが、精神科では、病名はつけられないと言われたの。当たり前よ、わたしは正常だもの。自分ではそう思っていた。そしたら、父が担当医と話したいと言って、2度目の受診のとき、父も一緒について、受診したの。父は、わたしがおかしいということを、担当医に訴えていたわ。だまって、わたしは、それを聞いていた。悲しみに襲われながら。

 担当医は、父も医者だから敬語を使い、かなり気を使ってくれたみたいだけど、結局は父を相手にしなかったの。本当に治療が必要な患者さんが沢山いるから、そういう状態になったら、いくらでも受け入れますと言っていた。現在のわたしには、病名はつかないって。

 父は、後で、あんな医者じゃダメだと怒っていたけど、そのとき、わたしは父に言ったの。「わたしにしてみれば、パパこそ精神障害だ」って。だって自分中心すぎる。わたしの心の痛みが全くわからないから。そしたら、父は、「drissから、精神障害だと言われた!」と酷く怒って、傷ついたんでしょうね。父に、そんなことを言う人は誰一人として居ないし、腹が立ったのでしょうね。それでも、父にはわからないの。わたしだって、父から精神を疑われたら、父が感じた同じ痛みを、感じていたんだってこと。

 まったく父はわからない。ただ、怒って、報復として、わたしに生活費をくれなくなったの。父は自分さえよければ、何だってするわ。父にはお金があるから、決して、同じ「心」の土壌に立つことはできないの。

******************************************

 わたしの親は、わたしを精神障害にしたいみたい。15歳のわたしを精神病院に放り込んだのよ。昔の話だけど。当時、わたしは重度のパニック障害を患って不登校になり、学校教育だけがすべてだった母が、わたしにしてみれば母の方が狂ってしまい、わたしを殺そうとしたことがあるの。

 父が静止したから軽傷で済んだけど、腕に負傷したし、わたしは恐くて、あの頃から親に合わせるようになったの。わたしは愛情に飢えていて、パニック障害になったのに、寂しいなどと言えば、親はこんなにしてやっているのに、お前の頭がおかしいと言われたの。そして、殺されそうになった後は、精神病院に強制入院。

 病院には、母の狂気は、内緒にしていたみたいだし、わたしも先生に何があったのかなんて聞かれなかったし、子供って、どんな親でもかばうものだから、結局、パニック障害も、不投稿も、わたしに幼さが残っているということで、やっぱり病名はつかなかったけど、じきに退院となった。

 でも、それからが、もっと酷い状況になったの。母は、わたしが成長できないバカなんだという認識で、さらに私を否定し、責めるようになってね。わたしは感情を出せば殺されると刷り込まれたみたい。以来、ずっと、母に合わせて生きてきた。

******************************************
わたしの人生は、ほとんど悲しみね。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
ネットで稼ぐこと

 おまけの話。8月は、とにかく子犬の世話に追われて動けなかったから、ネットで稼ぐ方法を調べて、実践もしていたの。自宅に居ながら稼げたら、一番いいものね。そう簡単には行きませんでした。ドロップシッピングをやってみたけど、集客が一番の課題だったことを知りました。

 わたしはHP作成が好きだから、簡単だと思ったら大間違い。集客のためのSEO対策を勉強し、1万円の投資をしてテンプレートも買ってしまったけど、思ったより難しくて、難しい部分は、また有料でサービスがあるんだけど、1万以上の投資はキケンを感じてやめました。つまり、挫折しました。

 ドロップシッピングには、ボタン1つで商品サイトも作れます。しかし、広告料を自腹で払ってやらないと、集客できっこないのです。仮に良い商品を厳選したって、集客できなきゃ、商品を買ってもらえない。広告にお金をかけるのも恐かったので、挫折。勉強になったのは、ネットビジネスについて少しはわかったこと。ネットビジネスに賭けるなら、やっぱりお金と時間がかなり必要ですね。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
頑張ろうと思って

 ジュジュの子犬が2か月になって、ジュジュも含めて、父が捨てるなんて言うから、小さな命たちを守りたくて、父と喧嘩になって、そりゃ最悪の状況に。もう、9月中に実家を出て行く必要に迫られたんです。それで、職探しと、物件探しに、めまぐるしく動いていました。それが最悪。。。

 この市にあるケアマネ求人、たったの4件。ある意味、すごい地域ですよね。もちろん県の端っこだったり、通えない地域での求人は除いています。その貴重な求人に、手当り次第に応募し、1つは早々と不採用。面接もしないで、書類選考で却下です。なぜ?

 戻ってきた履歴書を見ると、なんと誤字があったり、年数の間違いがあったりで、焦って履歴書を作成して郵送しているので、たぶん、それだけで不採用となったものと思われます。今、2件の書類選考の結果待ちですが、その他に1件、昨日、面接してきました。
 
 そこは、人使いが荒いという、知るものぞ知る悪名高き大手の事業所だったけど、背に腹は代えられない心境で、いざ面接。案の定、面接だけで、居宅の大変さがわかっていない印象を受けました。選考結果待ち状態だけど、仮に採用でも、入職には自信がなくなってしもた。そこは、お給料も、従来より7万減で生活が成り立たない。。

 売却したマンションのお金で、中古一戸建てを買うつもりで、物件さがしにも必死になっていました。購入できる範囲の物件があるにはあるけど、今まで知らなかった一戸建てを持つための税のことや、
建物のメンテナンスのことを勉強して、真っ青になりましたね。いろいろ、お金がかかりますね。でも、駐車場代がなかったり、賃貸よりは、実は安いみたい。

 だから、欲しいけど、この地域のケアマネの給料では、家の維持がむずかしい。副業をしないとね。マンションだと、犬を飼えない。もともと、犬を守りたくて一戸建てを考えていました。しかし、わたし自身が生活できない以上、犬のことは里親さんに任せる気持ちになりました。10月に動物愛護の催しものがあると獣医さんから聞いて、その催しものでは、子犬はすぐに里親さんが見つかると言います。子犬たちを大事に飼ってくれる里親さんを探すことにしました。

 父は、モモちゃんだけは自分で飼うと言うようになり、残るはジュジュちゃんの行く末が心配。ジュジュちゃんはアレルギーがあるんです。だから里親さんを探すのは困難。なんとか、父に、モモちゃんと一緒にジュジュを飼ってくれるよう懇願しようと思ってる。

 こうして、どんどん、わたしの現実は厳しくなり、本当に辛かった。大好きな犬を守れないことが、辛かったの。娘のことは、大学費用は父が保証してくれて、喧嘩して、大嫌いになったオヤジだけど、感謝します。でも、わたしは、どうしよう。父はわたしへの生活費をくれなくなったのですよ。喧嘩して、わたしも言いたいこと言ったから。はじめて言いたいこと言ったから。それは、それで、良かったと思う。けど、生活が・・・

 わたしは、どうしよう。すごく悩んで、苦しんで、もう、ワクワクすることをやろうと思ったの。死んだつもりで、悪いことは考えないで、ワクワクするのよ。わたし、ケアマネ捨てます。鍼灸の分野で、美容鍼をやりたいから挑戦する。当座の生活のために、介護職は求人があるので、バイトで働かせてもらってもいいし、美容鍼灸で求人があったら、そこで修行しようと思う。都会にしか求人がなかったら、わたしだけ引っ越して働くわ。寮があれば、最高ね。朝から晩まで、働きたおすわよ。

 そして最短距離で独立するの。夢を持ちましょう。9月後半に、美容鍼灸の講習に3日間行きます。これまでも美容鍼灸は、自分の顔をメンテナンスしたくて独学では勉強してきたから、臨床に即決する勉強と、経営に役立つ講習を厳選したつもり。ちょっと投資したけど、これに夢をかけてます、わたし。実際には不安だったりする。でも、絶対にあきらめないから!

 また、わたし痩せました。とっても悲しくて、そこから這い上がろうと必死な日々です。どんな状況でも、笑って、ワクワクできるか、試されているみたい。いつか、宇宙の話をしたいと思います。わたしの魂の話。お楽しみに。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)

このページの先頭へ