管理者ページ
トップに戻る
娘への小遣い

 娘の大学で、有志を募って、オーストラリアに語学研修に行く。9月8日から10日間、滞在するのだが、旅行代金だけで21万円弱かかった。お小遣いも必要なので10万円を出した(つい最近、教習所代も30万円近くを出したばかり・・・ )。

 この旅行には、食費が含まれておらず、お小遣いの中から食費も捻出しなければならない(食事が出るのは、行き帰りの機内食くらい)。だから、決して多いとは言えない額だけど、私の財布事情から多くは出せない。すると、ばぁちゃん、じいちゃんが、10万円をプラスしてくれた。とても有りがたかった。

 それは感謝はしているけど、このオーストラリア行きは、4月に通知があった時点で、ばぁちゃん(母)が決めたようなものだった。「勉強になるから、行かせてやりなさいよ、費用は出してあげるから」、なんて調子のいい事を言ったのに、8月になると、母は費用を出す気配なし。母には、お金の事では約束を破られてばかり。そんな経緯もあって、私はちょっと複雑な心境だ。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
結局は私が面倒を...

日曜日は、父がクリニックの方に帰る日だが、
(そして金曜に、こちらに戻って来る)
父は、ももちゃんを、こちらに置いて行った。

購入時は、あちらのショップで買って、
数日間クリニックで父が面倒をみていたから、
ウィークデーは一緒に連れて帰るのかと思ったら、
こちらに置いて行ったので、結局は私が主になって、
面倒を見ることになってしまった。

私が断固、拒否すれば、
父も一緒に連れて行く気でいたようだが、
父の扱いだと、成犬のようにホって置くから、
ももちゃんが可哀想になって、私は任せられない気分になってしまった。

それにしても、昨日ももちゃんに【お手】を仕込むと、
たった1日で、できるようになった!頭のいい犬である。
そして、今日は、お座りを教えたら、それも出来るようになった。





日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
犬を迎える

柴犬のももちゃん、生後3ヶ月です。
今後ブログにも登場すると思うので、よろしくね〜。


 ももちゃんを迎えるまでには色々あった。母は犬の世話はできない、一切やらないと宣言。私もヨークシャテリアのチェリーちゃんを、赤ちゃんから育てた経験があり、そして仕事が忙しくなってからは里子に出すしかなくなって、悲しい思いをしているので、二度と自分は犬を飼ってはいけないような気持ちでいた。

 でも、ここ実家には、番犬がどうしても必要で、父が自分で面倒を見るから飼いたいということになって強行突破した。父はラブラドールを、盲導犬協会に返した事がある。その時も母が面倒を一切拒否したことで、父には面倒が見切れなかったのだ。

 その苦い経験から、父は飼いやすい犬を望み、ペットショップに相談していた。ペットショップでは最初、ジャック・ラッセル・テリアを取り寄せていたが、途中で気が変わり、柴犬なら軒下で飼う犬だから(?意味がよくわかないけど)、とにかく飼うのに手がかからないということで、柴犬を取り寄せてもらった。

 日本犬を飼うのは、実家でも、私もはじめての事。やって来たももちゃんは、とても大人しくて飼い易そうだ。まだ生後3ヶ月なので、暫くは室内で飼育することにした。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
母が誉めた2

今ごろになって、ようやくマンションの売却に動けるようになったが、
少しの間、不動産屋の仲介で売りに出すことにした。
なかなか買い手が見つからない場合は、
不動産屋に買い取って貰う。

不動産屋さんとの電話を、母が聞いており、誉められた。
 あなた、電話の対応がウマイじゃない

母が私を誉めるなんて、先回に続き珍しい。
誉められて、嫌な気はしないが、私を誰だと思ってるんだと思った。

子供じゃあるまいし、ケアマネをやって来たら電話の対応なんか、
普通にこなせなきゃ仕事にならないのに、
母はぜんぜん私を理解していない。

母は、父なんかが電話していると、
そんな言い方するな!とか何とか、小声でうるさく指示する。
かつては私にも、うるさく言ったものだけど、
母の電話の対応がいいかと言えば・・・ 疑問である。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
娘が車の教習を終えた

 8月初旬から、娘が毎日通っていた教習所も今日で終わり。仮免も取って、路上での走向訓練も終えて、あとは本試験を受けるのみ。本試験は、住所変更してから、こちらで受ける予定だ。因みに、まだ住所変更をしていない。鍼灸やケアマネなどの免許類、保険類、カード、登録類・・・
面倒くさいなぁ。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
はじめての誉め言葉

実家に戻って以来、はじめて母が私を誉めた!
私は、いつものように、ストレス解消の為に、片づけをしていただけなのだが、
どこで母のスイッチが入るのか、わからないものだ。

 アンタは、口だけ達者だと思っていたけど、口八丁手八丁タイプみたいね。
   ちょっと見直したよ。これなら安心して任せて、死んで行ける。

私は照れもあって、わざと生意気な言葉を返す。
 親を安心させることができるなんて、最高の親孝行じゃない

それにしても、母がイメージしている私って【口だけ達者】なんだ。
私自身は、言いたい事を我慢しているから、
思うように自分の気持ちを言えない【口下手】だと思っていた。

ま、誉められて嫌な気はしない。
ただ、油断はならない。
母は pachinko に出かける際に私を誉めたので、
遊びに行くのが後ろめたくて、誉め殺し作戦だったのかも。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
嫌なことを言う母

私の顔を見ながら、母が言った。
 目の下にクマができて来たから、マッサージをしないさいよ

マッサージをすれば、クマが取れるとでも思っているのだろうか。
私自身、どんだけマッサージをしているか分からないのに。
それでも、クマは、取れない。

 私も年を取ったのよ
母に説明したが、説明するのもうんざりだった。
マッサージして、若返えるんだったら、誰も苦労はしね〜よ!
と、心が叫んでいた。

私が気にしていることを、平気でツッコムんで来る母。
本当に母のことがうざい!!うざ過ぎる。

目の下のクマが老化だと説明したら、
母は、フォローにもならない事を言った。
 パパの目の下のクマも、出始めたら一気に進行したのよね

いったい母は、私に、どうなって欲しいのかね。
口を聞くのもイヤ。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
水泳模様2

 この猛暑続きで、例年よりプールを使用する回数が多い。両親が仲良く泳いでいるのを、記念撮影した。父が母を押したりしていたが、あんな母のどこが良いのだろう、父の気持ちが知れない。因みに、浮き輪なしでも両親はスイスイと泳げる。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
水泳模様1

猛暑が続いているため、プールが大活躍している。
娘が泳いでいるのを、遠くから記念撮影


日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
好都合な誤解

 ブログを更新しなかった間に、母との関係がどうなったかと言うと、占い師に言われた通り、YESマンに徹していたら、母は比較的おだやかだった。今までだってYESマンだったけど、心は苦しんでいた。嫌なことばかり言われるから。

 それを、YESマンに徹することで発生するストレスを、片づけ事をすることで発散させるようになった。片づけは、私の趣味の1つだと言っていい。だから、それができる。家中の物を整理整頓している間は、100%私らしく過ごせるのだから、汗だくになる労働でも、私には生きた心地になる。

 そんな私を評価してか?母はポ〜ンと、10万円のお小遣いをくれた。それに、昨日も今日も、買い物先で、私にお金を払わせなかった(カーテンや出前寿司事件の、穴埋めのつもりのようだ)。今日、外食したお寿司代も、外食はいつも両親持ちだが、何より気分的に、母と一緒でも気楽に過ごせた。

 今、父も、クリニックがお盆休みの為、別宅にいるけれど、両親はほとんど出歩き、好きな店で外食したり、好きな pchinko を楽しんだり、温泉やマッサージに行ったり、家に帰るのは夜になる。一方、私は動労をし続けていて、こっちは好きでやっている事なのに、両親は可哀想だと思っているようで、よく外食に誘ってくれる。

 繰り返すが、私にとって片づけは、唯一のストレス発散の道。両親と行動を共にするより、よっぽど楽しい。その上、両親からは思いやって貰えて、一石二鳥とはことの事だ。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)

このページの先頭へ