管理者ページ
トップに戻る
近所の友人にお別れ

 近所の友人には、4月前に引っ越すことを伝えていたが、その後お互い忙しくて、マンション片づけ第2弾の時だって音信不通でいたけれど、いよいよ引っ越しが迫ってきたので連絡を取った。すると、今日、3人の友人が、差し入れのケーキを持って訪れてくれた。

 おしゃべりな私は、話題は尽きない。友人達は、たくさん私の話を聞いてくれて、2時間程で帰って行った。不思議なほど、淋しさはまったく感じない。フルタイムで仕事をするようになってからは付き合いも減って、ほとんど交流が途絶えたが、その代わり心で繋がっていた。現に会えば昔と同じ。また会う気ならいつでも会える。そう思っている。

 「ゴミがあったら、捨ててあげるよ」と、友人が主婦目線で配慮をしてくれるのが有りがたかった。引っ越しで出た大量のゴミは、別途、業者に頼んだけど、後から後から生活ゴミは出るので、友人に頼もうかな。


日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
小学校の卒業文集

 まだ引っ越しが終わないが、荷物の中から40年くらい前の卒業文集を見つけた。今も昔も、自分が同じ感覚を持っているのを発見した。私は、よく「大好き」という言葉を使う。以前に運営していたHPのタイトルも、「ケアマネ大好き」だった。

 そしたら、小学校の文集も、大好きという題名を付けていたのを発見し、今も昔も自分は変わらないんだなぁと思ったのである。文集の一部を紹介しましょう。夢について書いている。

わたしの夢はスチュワーデスになることです。
そして、22名のクラスの人や、父や母を、
ジャンボジェットに招待して、世界1週旅行をしてみたいことです。
学校で、「スチュワーデスになる」と話したら、
男の子たちが「飛行機が落っこちる」とか、
「飛行機が持ち上がらない」とか言って、わたしを冷やかします。
でも、わたしは、こういう皆んなが、
22名の皆んなが、大、大、大好き!

自分がスチュワーデス(今はキャビンアテンダトだけど)になるのが夢だったなんて、すっかり忘れていたが、そう言えばそんな事も考えた時期があったと、うっすらと過去の記憶が蘇ってきた。こうして、引っ越しの片づけをホったらかして、しばしの間、過去へ、過去へと、思いを馳せた。

 小学生の頃の私はコロコロしてて、そのため男の子たちが、「飛行機が持ち上がらない」等と私を冷やかした。でも、まったく私は堪えてなくて、なんて明るかったんだろうと思う。しかも、「それでもみんなが大好き」と言っている。我ながら、タダもんじゃないと思った。

 もし、あの頃の明るさと包容力を持ち続けていたら、私はきっと人生をウマク歩んで来たに違いない。思春期になると、母との関係に苦しむようになって歪んでしまった。でも、これからは、自分の元の明るさを、取り戻して行こう!などと思った。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
娘のこと
金髪に染めていた髪を、黒く染め直させた。
なかなか娘は言うこと聞かずに染めなさずにいたんだけど、
本日、通学用のバイクに、携帯灰皿がぶらさがっているのを発見。
おじいちゃんが発見したので、大騒動になった。

娘が中途半端な気持ちで大学に行っているなら、辞めてもいいし、
好きなことをしたいなら、すぐにでも自活すればいい。
私は厳しく娘を叱った。
すぐに髪を黒く染め直しなさい!タバコも止めなさい!

中毒になっているのか?聞くと、そうではないようだ。
娘は多くを語らななかったが、いかなる理由も、
私には受け入れるつもりはない。
実家から大学に通っている以上は、
生活態度全般において、実家のルールを守らせねば。
娘のバカさ加減に、呆れ果てた。
日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
恐ろしい夢をみた
(会社名も、すべて仮名です)

 夢のはじまりは、4月に辞めた会社のキャッシーが、すごく緊迫した面持ちで、こちらに走っている夜になりかけの薄暗い場面からスタートした。見知らぬ道で、私はキャッシーと遭遇したのである。キャッシーは私に気づくと叫んだ。

「drissさんは、佐藤事務所に勤めていた事にして置いたからー!」

 走る足を止めるとこともなく、キャッシーは風のように走り去った。佐藤事務所というのは、キャッシーと一緒だった会社ではなく、かつて私が勤めていた会社だ。私の家の近くだから、直ぐに行って何があったのか聞いてみた。すると、キャッシーの会社が、法令違反を侵して、関係者が全員、逮捕されるという事態になっていた。

キャッシーは逃亡中だったのだ・・・
(あくまで夢です、念のため)

 それにしても、何故キャッシーは、嫌っていた私をかばうように会社に居なかった事にしたんだろう。それも不思議だったが、佐藤事務所では、私の隠れ場まで用意してくれていた。なんで、そんなに親切なんだろう。とにかく、狭い納戸に案内されて、「ここに居れば見つからない」って言われた。

 考えてみれば、キャッシーが、私を会社に居なかった事にしたんだから、私は逮捕されないんじゃないの?疑問だったけど、やっぱり私も逮捕されるかもしれないと思い、恐怖を感じながら佐藤事務所で身を潜めていると、どういう訳か、キャッシーの会社の社長と、専務の声がしてきて、ひそひそと2人で何かを話し合っている。

 その後、場面が変わり、私は自宅へと慌てて帰った。どういう訳か、佐藤事務所の連中がみんなついてきて、しかも私が帰った場所は、佐藤事務所の近くのマンションではなく、そこが大病院に変身していた。きっと、病院つながりで、実家と混同したのだろうけど、そこはホテルのように立派な病院だった。実家とは大違い。なんと、シアタールームや、ラウンジまである巨大病院だった。
日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
糖尿病

 父に空腹時の血糖値を計ってもらったら、126だった。126未満だと「糖尿病の疑いがある」段階だけど、126からは糖尿病とされている。したがって私は糖尿病と診断された。(千葉でかかりつけだった先生も、そう診断した)

 幸い、軽い方だから、生活習慣を改めて行けば大丈夫との事で、どのような習慣がいいのか指導を受けた。要は、消費カロリーに対して食べ過ぎているから、食べたければ、カロリーを消費するよう心がけることだ。

 過去の生活習慣を考えると、夜、食べてしまっていたことが悪かったのだと思う。ドカ喰い傾向にもあったし。夜はカロリーを消費しない時間帯なので、インスリンを出す膵臓に負担がかかって、インスリン的にはオーバーヒート状態だったのだ。

 幸いなことに、最近は食欲がない。と言うか、食欲はあっても、たくさん噛まないと食物を飲み込めない状態で、食べるのに時間がかかって、そのうちお腹が一杯になってしまうのである。ダイエットには丁度いいんだけど、病気になるのが心配だ。体重は、2ヶ月前より、2〜3キロ落ちている。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
ずっと食欲がない
仕事を辞めて、実家に来て、環境が変わったからなのか、
従来なら食いしん坊なのに、食欲がない。
まさか、変な病気にかかっているんじゃないでしょうね。。。

食べれないから、何の努力もいらない、ダイエットできている。
体重が57キロになり、2ヶ月前より4キロ減っている。
どこまで体重が減り続けるのか、心配になっている。
母に、50キロになったら、エンショワを飲まなきゃと話すと、
そんな心配をしなくていいと鼻で笑った。
なら、いいんだけど。。。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)
写真整理とアルバム

 ここ2週間ほどは、ずっと写真整理をしている。かなり整理できてきた。と言っても、まだ1998年〜2000年までしか終了していない。

 写真整理をしていると、忘れていた事が甦るが、私がデジカメを使用し始めたのは、1998年からだった。一番最初に買ったデジカメは、たぶん不良品に当たったのだと思うが、直ぐに電池が切れちゃって、撮影中に切れちゃうので、とても使い勝手が悪かったのを思い出す。

 だから、アナログ写真の方が圧倒的に多いけど、以下の写真は、そのすぐに切れちゃうデジカメで撮影し、画質はいい方だと思う。



 2004年以降になると、アナログ写真がほとんど無くなる。2004年と言えば、娘が中1で、だんだん写真を撮らなくなった頃。子供が自分で撮った写真や、人からもらった写真は、結構あるものの、写真の数は激減した。その代わり、愛犬のデジカメ写真がほとんどを占める。

 デジカメ写真は印刷してアナログ写真のようにアルバムにするべきか、それとも今流行りのフォトフレームを買うべきか迷っている。

日記(過去記事) | comments(0) | trackbacks(0)

このページの先頭へ