管理者ページ
トップに戻る
<< PREV TOP NEXT >>
人身事故
 人身事故を起こしてしまいました。被害者のことが心配です。わたし自身もショック状態です。

 事故は、家の近くの路地で起きました。路地の幅は、車がスレ違うのに支障ない程度で、見晴らしも良い路地です。わたしは20〜30キロの速さで走行していました。

 警察の人が、調査したとき、30キロで走っていたと決めてしまいましたが、実際にはそれより遅かったような気もします。メーターを見ていなかったのでわかりません。

 事故の状況は、見晴らしが良いので、かなり遠くにいた時から、50メールくらい先方に、道路の傍で、小さな子供を遊ばせている4組程度の母子がいるのが見えましたが、お母さんと一緒なので危険は感じませんでした。

 もっと近づいた時に、子供のひとりが道路に少し出ていたのがわかりましたが、その子はわたしの車に対してほぼ後向きの状態で、どちらかというと道路からは引っ込む様子だったので、まさか、その子が、わたしの車にぶつかって来るなんて夢にも思わず、わたしは普通に車を走らせました。

 そしたら、その子は、急にこちらに倒れこむように移動して、気がついた時には車にぶつかっていたんです。とっさの事で、わたしの車は車高が高いし、横を向いて運転している訳ではないので、その子がどのような状態で車に寄ってきたのか確認はしていませんが、後で思うと、何かの拍子にその子はよろけて、わたしの車にぶつかったのだと思います。

 まだ4歳なので、後になって思えば十分ありえることでしたが、車は普通に走らせてしまったのです。気づいたときには、ドン!と音がして、急いで車を止め、降りて見ると、道路の真ん中あたりに、小さな女の子が、大の字を書くように仰向けに倒れ、大声で泣いていました。

 お母さんが心配のあまり、半狂乱になって、わたしにではなく、その子に怒鳴り散らしたので、わたしはそこ子をかばうように、仰向けのまま肩を抱きました。「痛い所はあるか、気持ち悪くないか」優しく問いかけると、その子は泣きながら「痛くない、大丈夫だ」と言い続けました。

 たぶんお母さんが恐かったんだと思います。「抱っこして欲しい」とわたしにすがるのです。とても、とても可愛い子です。でも、よそのお母さん方も心配して「動かさない方がいい」と言うので、寝かせてままにしていたんですが、その子が自力で起き上がってしまい、「抱っこして欲しい」と言うんです。だから、その子が座った姿勢で、わたしはずっと体を抱きしめていました。

 よそのお母さんも、その子の頭をなでたりしていて、その子の頭にコブがあるのを発見しました。わたしもそっと触ってみると、大きなコブが左頭部にできていました。相当に痛かったはずです。

 それより、誰もが、脳の損傷が心配でした。コブができた方が、脳は守られるという話を聞いたことがありますが、気休めにもなりませんでした。じきに救急搬送されて、後になって、その子のお母さんに連絡すると、CTも撮影したものの、泣いて動くのでウマク撮れず、結局は自宅で様子を見ることになったそうです。

 でも、帰り際にその子が吐いたので、病院に留まっていました。そんな時にわたしから電話をしたんですが、吐いたことがとても心配です。わたしには重症なのか、軽傷なのか少しもわかりません。あんな可愛い子を、もしわたしが殺めることにでもなったら、一生立ち直れないと思う。

 お母さんには、もうただただ謝るしかなかったです。お母さんは死ぬほど心配しているはずです。せめて、治療費などは、責任を持って払う旨をお伝えして、慌ただしい中本当に申し訳ないけれど、保険会社から連絡が行くことを了承してもらいました。

 わたしの車は、まったく傷ついていませんでした。良かったと思うのは、それだけ被害者の衝撃も少なかったと想像できることです。でも、打ちどころによっては大事に至ることもあります。決して安心はできません。祈るだけです。あの子が、回復しますように。

 このことは、自分の気持ちを、落ち着かせるために書いています。
日記(日常) | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENT
name:
email:
url:
comments:
TRACKBACK
http://simu1.keamane.chu.jp/trackback/538

このページの先頭へ