管理者ページ
トップに戻る
<< PREV TOP NEXT >>
ワンコの話

「ザ・カリスマ ドッグトレーナー 〜犬の気持ち、わかります〜」という番組をよく見ます。ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルでやってます。シーザー・ミランさんという男性が、とにかく凄いトレーナーなのです。今日は、凶暴な犬を、落ち着いた素晴らしい犬に変えちゃいました。うちにも指導に来てもらいたいです!遠いからムリですけどね。

 もっとも、うちのワンコは大人しい方です。2匹が権力争い中で、しょっちゅう喧嘩してますが人間には忠実です。そして1匹は超甘ったれで、一番体が大きくて唯一のオスなのに、他の2匹をわたしに寄せ付けない程、愛情を独り占めしようとします。それがカワイくてたまりません。

 問題は散歩で、出かける時に、興奮してしまうのをわたしには制御できずに困っています。グイグイ引っ張っぱられるのがわたしには凄く負担で、もっと年を取ったら散歩できなくなるんじゃないかと今から心配です。躾たくても、1匹づつ指示することが困難で、みんなで興奮しちゃってますから。

 ワンコ達が小さい頃は、3匹連れの散歩を「凄いでしょ〜」みたいに得意な気分だったんですが、もう大きくなってからは、声をかけてくれる人の多くが「大変ですね〜」と気の毒がるから、ちっとも得意な気分じゃないです。自分自身大変だし。3匹がわたしの歩調に合わせて、ちゃんと横を歩いてくれたらいいんですけどね。

 でも、家庭菜園を荒らしたのは、キャベツくらいなもので、先日、泥つきネギをいけたんですが、いたずらしませんでした。ネギは犬にとって嫌いな香りがするからでしょうね。反対にキャベツは、いつも料理して与えているし好きな香りなんでしょう、全部ダメにしちゃいました。だけど、なすとかピーマンは大丈夫だったし、いい子達だとわたしは思っています。

 両親も、一時は捨てるなんて言って、もともと飼いたいと言い出したのは父なのに、無責任なことを言ってわたしを泣かせたけど、時間が経てば変わるんですね。ベタっ可愛がりはしませんが、芝生が荒れるだの、植木を置けないだの文句を言わなくなり、すっかり受け入れてます。だいたいワンコ達が番犬してくれるお陰で、安心して暮らせるんです。

日記(犬のこと) | comments(0) | trackbacks(0)
COMMENT
name:
email:
url:
comments:
TRACKBACK
http://simu1.keamane.chu.jp/trackback/395

このページの先頭へ