管理者ページ
トップに戻る
ナタデウォッシュの使用感・クチコミ
 わたしが気に入っているものの一つに、口臭を予防するナタデウォッシュがあります。母にも勧めたので、これまでに2本セットのものを、2回購入しています。その記録が「この記事」と「この記事」に残っていました。



 まだ残っているのを使っていますが、今度は5本セットを買おうと思っています。それ程、ナタデウォッシュが気に入っています。


 そして、今回ナタデウォッシュの記事を投稿する当たり、原料の「なた豆」を調べて行くうちに、口臭予防だけでは勿体ないほど、なた豆には素晴らしい効能があることがわかったので、書かずにはいられなくなりました! ナタデウォッシュに関心のある方は、もちろんのこと、わたしのように糖尿病の方や(わたしは初期なんですけど)、腎臓が気になる方に、ぜひ読んでもらいたいです。



ナタデウォッシュの原料「なた豆」の凄さ

 なた豆は、昔から「膿取り豆」と言われ、民間療法で使われてきました。古い文献には、なた豆のことが記載されている本がいくつもあるそうです。

 特に、漢方薬を学ぶ人にはバイブルとも言える「本草綱目」には、なた豆が「腎」や「脾」の機能を高める生薬だと書かれているそうです。

 わたしは一応鍼灸師の資格をもっているので、「本草綱目」の存在は知っていましたが、生薬の分野ではないので学んではいません。なた豆のことも知りませんでした。でも「腎」や「脾」の概念は知っています。

 ザックリ説明すると、「腎」は腎臓だけを指すのではなく、生命力の源を司どるもので、「脾」も脾臓だけを指すものではなく、気と血を生み出す消化吸収の全体の働きを司る、やはり根源的なものです。これらの機能を高めるなた豆には、すごいパワーがあると言えます。

 科学的にも、なた豆の効能が近年わかって来て、有効成分の一つに、カナパニンという成分があり、これはアミノ酸で、なた豆からはじめて抽出されたものです。このカナパニンが、とても優れた「排膿作用」と「抗炎症作用」を持っているのです。他にも「血液や体液の浄化作用」や「血行促進作用」があることも解明されています。

 カナパニンが効く病気を挙げると、歯周病や、蓄膿症、痔瘻などです。これらの病気は絶えず膿を分泌しているので、膿の生産を抑え、排除までしてくれるカナパニンが、効果的なのです。中でも、口臭のほとんどの原因である歯周病に、なた豆がいいことを覚えておいてください。

 また、なた豆には、カナパニンAという成分もあり、これは「抗腫瘍作用」が報告されていて、マウスの実験で、ガンの病巣ができる前に壊していることがわかったそうです。さらに、腎機能を活性化する働きがあり、これは科学的には解明されていませんが、あるお医者さんが肝臓病になた豆を勧めていたこともあり、わたしは効果を期待しています。


 以下、腎臓と、なた豆の話になります。


 わたしは、糖尿病の三大合併症の1つである「腎症」に罹ったら嫌だな・・・・と、前から思っていたので、なた豆が腎臓にいいと知って、大いに期待しているのです。

 余計なお節介かもしれませんが、糖尿病の方は、合併症に注意した方がいいですよ。 糖尿病性腎症になるメカニズムはご存知ですか?

 高血糖が続くと、腎臓の中にある糸球体の細小血管を効果させ、狭くして、十分に老廃物をろ過できない状態にしてしまうのです。 

 そうして腎症が進むにつれ、タンパク尿が出たり、体がむくんだり、高血圧になったり、ついには尿が出にくくなり、老廃物が体に溜まって尿毒症になります。そうなると、死んじゃうか、透析をしないと生きて行けません。 

 血糖値をコントロールしていれば、そう恐れることはないんですが、血糖が腎臓に良くないことは確かなので、わたしは日頃から腎臓をケアしたいと思っていました。なた豆のことを知ったら、ケアするなら「コレだ!」と思い、なた豆茶も飲み始めています。

 なんと、なた豆には「ウレアーゼ」がたくさん含まれていたのです! 

 ウレアーゼとは、尿素を分解する酵素なんですが、ウレアーゼがしっかり働いていることが、正常な腎臓を証明するようなものです。だから、なた豆に含まれるウレアーゼを摂取すれば、腎臓機能を改善できると考えられているのです。

 なた豆が腎臓にいいのは、膿取り効果があることからも、不思議じゃありません。
なた豆が取ってくれる膿は、白血球などの屍骸で、老廃物の一つです。腎臓はそういった老廃物を、ろ過する役目を担っているので、腎臓にとって、なた豆は、助っ人になります。そう考えれば、なた豆が腎臓機能を改善するのは、当然のことかもしれません。


歯周病からくる口臭と、ナタデウォッシュについて

 だいぶ話がそれましたが、話をナタデウォッシュに戻します。先の記事で、なた豆を原料とするナタデウォッシュが、歯周病からくる口臭に効果があることは、おわかりになったと思います。そして、口臭のほとんどは、この歯周病が原因だと言われているんです。

 自分は歯周病ではないと思っている人も、歯周病になっているかもしれません。わたしがそうだったんですが、15年くらい前に、虫歯の治療のために歯医者さんに行くと、「歯茎から血が出た時点で、すでに歯槽膿漏なんですよ」と言われてショックを受けました(歯槽膿漏と歯周病は同じことです)。

 そう、以前のわたしは歯茎から血が出たのです。でも、それが歯槽膿漏だとは夢にも思っていませんでした。歯槽膿漏なら、歯がグラグラして、もっと悲惨な状態だと思い込んでいたのです。

 とにかく認識を新たにしたわたしは、歯医者さんの指導に従って、歯周ポケットめがけて正しいブラッシングするようになり、歯垢も取ってもらい、2ヶ月ほどで出血しなくなり、歯槽膿漏が治りましたが、そんな経験から、歯周病が身近な病気に感じています。

 歯茎からの出血や、口臭があったら、まず歯周病を疑いましょう。歯周病になると、歯周ポケットに歯垢がたまり、徐々に深くなって、深さが4ミリ以上になると、口臭がきになり始めるそうです。

 ところで、口臭の元って、歯周病菌が出すガスなんですよね。ばい菌も生きるために栄養を摂り、代謝の過程でガスを生産し、人間が食後にオナラをするようなものなんですって。それに歯周病菌をやっつけるために、白血球が戦った残骸である「膿」も臭いですよね。

 歯周病を治すには、ばい菌の棲家である歯垢・歯石を、歯医者さんで取ってもらう必要があります。自宅での正しい歯磨きも必要です。その際に「なた豆」を利用すれば鬼に金棒です。

 わたしは、ナタデウォッシュを、歯の隅々まで届くようにして洗浄し、その後、歯ブラシでよく磨いています。別に歯磨きタイプの商品を買わなくても、ナタデウォッシュがあれば、歯磨剤としても使えます。むしろナタデウォッシュは液体だから、有効成分が歯周ポケットまで届きます。こうして、なた豆の力を活用していると、口の中の善玉菌が増えて、歯周病の再発予防にも役立つそうです。


公式サイトはこちら >> ナタ・デ・ウォッシュ


歯周病以外からくる口臭と、ナタデウォッシュについて

 口臭の原因にはいろいろあって、ドライマウスや、虫歯などがある他、内臓からくるものもあります。内臓からくるものは、慢性肝炎や、糖尿病が、まず挙げられるそうです。

 肝臓には、臭気物質を分解する働きがあり、その働きが低下すると息と一緒に臭気物質が出てくるし、糖尿病では唾液の分泌が悪くなることがあるので、ドライマウスにより口臭が発生します。糖尿病は歯周病も合併しやすく、その意味でも口臭を発生させてしまいます。

 また、胃炎や、十二指腸炎になっても、食べたものの消化が悪くなり、それが発酵して口臭が発生します。それに、腸内の悪玉菌が増えることでも、腐敗ガスがたまって、そのガスが血中に入り、臭い息になって放出されます。

 こうした内臓からくる口臭にも、ナタデウォッシュは効くか?と言えば、なた豆には「脾」を良くする働きもあるから、なた豆自体には効果があると思います。なた豆茶を飲むといいかもしれません。でも、ナタデウォッシュで口を洗浄するだけでも、違うと思います。

 それから、タバコを吸う人には口臭がありますが、歯周病になりやすいからです。喫煙者には、特にナタデウォッシュがいいです。実は、わたし自身、止めるに止めれないでタバコを吸っているので、ナタデウォッシュが手放せないのです。


公式サイトはこちら >> ナタ・デ・ウォッシュ


実際のナタデウォッシュの使用感について

 わたしは喫煙者であり糖尿病でもあるので、口臭には神経を使っています。正しい歯磨きをしたり、ボトルごとナタデウォシュを携帯し、口の中が気持ち悪い時や、人と会う前には必ず、ナタデウォッシュで洗浄しています。そうすると、口臭が本当になくなるんです!


 こうして、肉眼でも、汚れが落ちたのがわかります。写真左は使用前の透明な状態で、右は使用後の状態です。ナタデウォッシュで洗浄すると、汚れが浮き上がって見えるので、本当にキレイになったと実感します。

 実際、洗浄後に「はぁ〜」と息を吹きかけて、娘に確認してもらったところ「ぜんぜん臭わない」と言っていました。それに、客観的に評価もしています。口臭測定機で測ったところ、洗浄前には「口臭」を示していたものが、洗浄後には「無口臭」を示しました。わたしがもっている口臭測定機は安物なので、口臭の原因になる成分や、数値が細かく出るタイプではありませんが、それでも客観的な評価にはなると思います。

(左が一般的なナタデウオッシュで、左がバラ味のタイプで、少し色が薄いです)

 話は変わり、ナタデウォッシュの味は渋いので、従来のミントなどで清涼感を出したマウスウォッシュを想像していると、違和感があるかもしれません。ナタデウォッシュにも、ほのかなミントの香りがしますが(種類によってはバラが香りがします)、スカ!ッとする程ではありません。

 でも、別の意味で、スカ!ッとするんです。

 渋みによって、ベタベタ、ヌルヌルしたお口の汚れが落ちて、キュキュッと油落ちしたお皿のように、口の中がスカ!ッと爽快になります。こんなに落ちるんですから(何度も気持ち悪いものを見せて、ごめんなさい)。


 従来のマウスウォッシュだと、スー!ッとする清涼感で、汚れが落ちたような気になりますが、実際には落ちてなんかいなくて、スー!ッとする清涼感にゴマ化されているだけのように思います。ナタデウォッシュには、スー!ッとする清涼感がないのに、ベタベタヌルヌルが消えます。と言うことは、本当に落ちたからなんだと思うのです。

 こんなによく汚れが落ちても、この渋みによる刺激はほとんどありません。ちょうど緑茶の渋みに、似ているような気がします。ペットボトルのお茶じゃなくて、ちゃんと急須で入れたお茶の渋みです。緑茶を飲んだ後も口がサッパリしますが、ナタデウォッシュのサッパリ感も、同じようなものです。

 刺激が少ないから、ナタデウォッシュはいいんです!

 従来のマウスウォッシュだと、たとえばリステリンは、わたしには刺激が強すぎて、口の中が痛くなります。ヒーヒーしながら、おっかな、ビックリ洗浄していたので、液体を十分に口の中に行き渡らせることができませんでした。

 その点、ナタデウォッシュなら、満遍なく行き渡らせて、歯と歯の間を何度もブクブク洗浄して、有効成分をたっぷりと浸透させることができます。この点でも、わたしはナタデウォッシュを気に入っています。


公式サイトはこちら >> ナタ・デ・ウォッシュ



日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)
素敵なお店と服を見つけたよ
 以下の服は、最初は楽天のショップで注文し、その後Qoo10では同じものが半額で販売されているのがわかって、楽天の方はキャンセルして、Qoo10で購入したものです。こういう個性的なデザインが、ずっと欲しかったんですよ。
 

 楽天のショップでは、(↑)上の服が6000円したから、本当は(↓)下の服も欲しかったけど我慢したのですが、半額になるなら我慢する必要はありませんから〜 
我慢をやめたら、いっぱい買いたくなっちゃいました。
 





 買いすぎちゃったかな〜 でも、近所のお店でも、ネットでも、なかなか欲しいものが見つからなくて、暫く服を買っていなかったので、わたしは欲しいものがあったらマトメ買いします。送料も節約になるし。で、まだ購入したものがあるんです。アームウォーマーです。安いから3枚まとめて購入しちゃいました。



 「Qoo10」と、この服のブランド「ハルメイビー」って、いい感じですから、お買い物の参考にしてください。「ハルメイビー」には、パンツスタイルに合う洋服がいっぱいあります。「Qoo10」では初めて利用するときは、クーポンをプレゼントしてくれるし、サイト内でレビューを書くと「Qスタンプ」というのが貰えて、Qスタンプを割引クーポンに交換することもできるようです。元々安いのに、さらにお得がいっぱいです。
日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)
日本直販さんが必死

 1年くらい前に、日本直販でスチームアイロンを購入しました。でも、それが不良品とかでリコールになり、リコールの知らせがあった時に、改良されたものに取り替えました。もちろん無料です。でも、それが夏の頃だったこともあり、スチームアイロンを使う機会がなくて、半年くらい使わないまま放置していました。

 まさか、取り替えたものが、壊れているなんて、夢にも思わないから放置していたんですが、いざ使ってみたら全く動きませんでした。半年も経っちゃったけど、交換してもらうために、日本直販に電話しました。それが11月の中旬頃で、事情を説明すると了承してくれて、新しいものを送ってくれることになりました。

 その時、オペレーターの女性から、「ご存知のように、民事再生法の申請をしたところで云々」という話を聞きました。だから、交換に時間がかかるかもしれないとのことでしたが、そんなことより、わたしは日本直販が倒産の危機に陥っていたなんて、まったく知らなかったので驚きました。日本直販と言えば、通販の代名詞みたいなものだったから。。。

 その時のオペレーターの声も、悲壮感が漂っていて、気の毒になったくらいです。本当に大変な状況だったんだと思います。でも、そんな中でも、新しいスチームアイロは思いの他あっという間に届いたので、なんて誠実な会社なのだろうと関心しました。

 ところが、です!新しく届いたスチームアイロンも動作しなかったのです(@@ よもや交換したものが動かないとは夢に思わないので、2週間くらい放置していたんですが、いざ使ってみたら動かないから、日本直販が誠実なのか、いい加減なのか、わからくなりました。

 だから、また日本直販に電話をして、ちゃんと動作確認をしてから、商品を送ってくれるように話しました。そして、日本直販は今回もすぐに対応してくれました。新しいものが届いたのが数日前です。今度こそ動くはずです。まだ、使ってないんですが。。。 

 日本直販さん、大丈夫かな。。。 こんなことをしていたら、送料1つとっても無駄使いでしょうに。

日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)
母の買い物

 今日は、ドル箱経由で、三越と高島屋での母の買い物を代行しました。「どこ得」で、どこが一番ポイント還元率が良いか調べると、三越についているポイントに大きな差があって、「Gポイント」では4%も貰えることがわかりました!

 「Gポイント」にわたしは登録していません。だから、いつも三越の買い物は「ドル箱」を経由していましたが、「ドル箱」では2%だから「Gポイント」より半減してしまいます。「Gポイント」に登録したくなりました!!

 「Gポイント」はポイントサイトでもあり、ポイント合算サイトでもあり、便利なのは知っていたんですが、今まで必要がなかったので登録しませんでした。

 でも、急いで注文してくれと母に言われたので、今日のところは「ドル箱」経由で、高島屋も三越も、手続きを済ませてしまいました。次回、三越での母の買い物は「Gポイント」にします。

で、今回の買い物で獲得できるポイントは、
三越では商品が16800円だから、その2%で、336円です。
高島屋では商品が25000円だから、やはりその2%なので、500円。
合計836円。

 わたしはウホウホですが、デパートでの買い物は高くつくので、わたしなら買いません。似たような商品が、他のショップでは半額以下または、それ以下の安い値段で買えちゃうのですから。でも、母は「高いものじゃないと質が悪い」と信じているので、わたしの助言なんて聞きません。バカみたいだと思うけど、その恩恵がわたしに返って来るのですから良しとしてます。

 それにしても、母とは9月9日のケンカ以来、冷戦状態が続いていました。それが、やっと今日になってこのような交流ができるようになりました。今回は長かったなぁ。

日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)
黒ウーロン茶が届く

 注文したのが9月28日ですから、ちょっと遅い到着でしたが、A3サイズくらいのメール便で、今日届いたので、さっそく飲んでみました。茶葉タイプなので、いつも緑茶を入れる普通の急須で入れました。味はまろやかで美味しかったです。ペットボトルのタイプより、美味しく感じましたよ。これなら続けられそうだし、クコの実と合わせて、わたしの健康を支えるアイテムになりそうです。


 何たって600円という安さですから!リピ買いして置くことにしました。送料無料ですしね。この商品は1セット100gの袋が2つ入っていて、茶葉5gに対して500〜800mlのウーロン茶がが飲めますから、かなり長持ちしそうですが、購入元のサイトを改めて見たら、この値段で買えるのは、9月28日〜10月12日までと書いてあったので、もう1回買っておくことにしました。欲しい方は、こちらの記事でお店のURLを紹介しています。
日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)
冷蔵庫が届く

 昨日、げん玉経由・ジャパネットたかたさんで購入した冷蔵庫が届きました。三菱の動くん棚+回るん棚の冷蔵庫です。価格は下取りで2万円値引いてくれて、リサイクル料金などを含めても14万程度でした。もう1台購入した方は20万超えですから安かったです。

 これは使いやすそうです!赤丸で記したところを、カチっと解除するとクルンと棚が回って、奥のものが取り出し易いです。黄丸で記したところを、スライドさせると棚が上下に動いて、背の高い食器でも入るように調整できます。省エネ機能なども搭載してます。

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング





日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)
今日のアクション

 先に購入したスイーツは、実は注文したときに、肝心のポイント設定をし忘れてしまったが後でわかって、ガーンと来ましたが、期限つきポイントをどうしても消化したいので、もう1つ買い物をしました。黒ウーロン茶です。いいものを見つけちゃいました。

 わたしが「いい」と思うのは、安いものに限るんですが(笑)、今だけ71%オフですって!しかも送料無料です。黒ウーロン茶は、コレステロールを溶かしてくれそうで、前から買おう買おうと思っていましたが、ボトルタイプは結構高くて、続けるには安くなきゃーと思って、先送りしていました。これは、いいですよ。これが良かったら、完全にリピ買いします。

日記(クチコミ) | comments(2) | trackbacks(0)
今日のアクション

 チャリロトの結果は、1つも当たりませんでした。ロトなんだから、そう簡単に当たりっこないですね。競馬なら、元夫がやっていたので、わたしもたまーに馬券を買ってもらって、そのつど数千円を当てていました。だから、その感覚だったんですが、ロトじゃ〜ね。

 それから、今日アクションしたことは、ポイントサイト訪問の他にランサーズで、記事作成など500円程度を稼ぎました。書きやすい案件が一杯あったんです。

 次にグルプレ。グルプレは桁外れにポイントが貯まるサイトですが、残念なことに現金に変えられなくなってからは、面白くなくて放置していたんです。それが、メールで「○○ポイント貯まりましたよ〜」と知らせが来たのを機に、届いていた大量のメールをクリックして、今日だけでやっぱり500円以上のポイントをゲットしました。これは、いずれ、何かの商品と交換します。

 それから、それから、楽天のメールdeポイントなどで、期限つきのポイントが500ptほど貯まったので、それを消費するために買い物をしました。まだ、届いていないので美味しいかどうかわかりませんが、口コミでは評判が良くて、安くて送料無料なので買っちゃいました。美味しそうです(↓)。

日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)
冷蔵庫の選び方

 今回、どの冷蔵庫にしようか迷いまして、おおざっぱですが選び方を学んだので、みなさんの参考になるかもしれないから紹介します。容量や大きさも重要なポイントですが、メーカーごとに機能に特徴があると言うか、メーカーが「売り」にしている機能を知ると、選びやすくなります。

<シャープ>は、プラズマクラスター。冷気も庫内もクリーン。

<パナソニック>は、省エネ。使わない時は自動でエコナビ運転。

<三菱>は、回るん棚や動くん棚。機能的な収納。

<日立>は、真空チルド。酸化を抑えてくれる。

 わたしが選んだのは、三菱でした。最初はプラズマクラスターが良かったんです。カビ菌とかやっつけちゃいそうだし、庫内の臭いも防いでくれそうで。パナソニックも良かったんです。電気代を抑えられ、これって重要ですから。もちろん日立も良かったんです。食材が長持ちしそうで。

 でも、うちは冷蔵庫の奥に置いた食品を、凄くムダにするんです。手前に置いた食品がどんどん溜まって、奥に入ったら最後、入れたことさえ忘れて腐って捨てるしかなくなります。そのムダを考えれば電気代より大きいし、だから奥に置いた食品が取り出しやすそうな「回るん棚」や「動くん棚」に決めました。一度、使ってみたかったし。

 それで、かかる電気料も調べたら、省エネになっていたし、瞬冷凍機能で冷凍したままで切れたり、スカスカにならなかったり、オレンジLEDの機能で野菜の栄養を増やせたり、色んな機能を網羅していそうなので決めました。

 今の冷蔵庫は、どのメーカーでも、「売り」にしている機能の他にも、だいたい同じような機能を搭載しているんですよね。それから、今の冷蔵庫は壊れやすいみたいですよ。10年持たないかもしれないので、買い換えることを考えたら、値段はホドホドのものが良さそうです。

日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)
ジャパネットたかたさんと提携
 昨日の記事の続です。ジャパネットたかたさんと提携が完了しました。実はお小遣い稼ぎ系ブログやリニューアル中ブログだと、提携拒否されるみたいで、わたしも「貼るだけバナー」を利用ために申請した某企業から拒否されたことがあります。今のところ1度だけですが。なので、ジャパネットたかたさんと提携できて嬉しいです。

 ジャパネットたかさんの広告を紹介しますね。この広告、可愛くないですか♪ これ以外にも、イージーリンクと言って自動で内容を配信してくれるタイプや色んなバナーがあます。みなさんもアフェリエイトしてみてはいかがでしょうか?

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング


 それから、ビックカメラさんとも提携できました。ビックカメラさんだと、確実に自己買いOKです。まだ自己買いが未確認だけど下取りが高くて魅力的なジャパネットたかたさんと、どちらか購入したらいいのか迷っちゃいますが、ビックカメラさんの広告も紹介しますね。数ある広告の中から選んだコレって、思わずクリックしたくなりませんか?

ビックカメラ.com

日記(クチコミ) | comments(0) | trackbacks(0)

このページの先頭へ